大いなる回帰(日本語版)抜粋

私たちはこの世界を否定しようとしているのではありません。むしろこの世界の実相をありのままに知り、私たちの存在そのものを探求し、平安と幸福を追究しようとするものです。

逃避でこの道に踏み込めば、停滞と失敗が待ち受けていることでしょう。世界の否定から始めれば、道は閉ざされるでしょう。何者に対しても、どのような事実に対しても、心を開いておくこと。それがこの旅の唯一の装備です。
あなたはより高い存在の次元をめざして、一人の孤高の戦士として出発するのです。なにものも捨てる必要はなく、なにものにもこだわる必要はありません。

あなたがこの旅に出ようと決意した動機、それはさまざまでしょう。ある人は絶望から、ある人は知的探求の止むに止まれぬ意志から、またある人は現実の世界の苦しみから、それぞれの第一歩を踏み出します。
しかし踏み出した瞬間から、あなたにはおぼろげながらこの旅の目的地が見えているはずです。それはあなただけに特別なものではなく、生きとし生けるものが共通に持っている至高の事実です。
運命と呼ばれるものがあなたを招いたのかもしれません。信仰深い方にとって、それは神の呼び声であるかもしれません。しかし、どのような招へいであれ、この道を歩くのはあなた自身です。あなたは運命に答え、境涯に招かれ、神の呼び声に応じたのです。
自らの存在のありのままの姿に決然と対峙すること、それは無量の感慨をともなってあなたに迫ることでしょう。あなたは過去の自分と決別し、新たな自身に向かって歩き始めたからです。世界にとって、人類にとって、また生きとし生けるすべてのものにとって、それはすばらしく貴重で、麗しく、なにものにもかえがたい生きた宝です。

祝福を受けましょう。あなたにはその資格があるのですから。

世界を否定し、人生を否定し、対立と分断を持ち込み、嘲りと軽蔑と、人を傷つけることと、執着に振り回されることと、欲望と・・・。それがあなたの捨てたものです。旅に出るにあたって、再びそれらのものを身にまとう必要はありません。捨てて行きましょう。

from Archives: 大いなる回帰(日本語版)抜粋

 

現在サイトの構築中です。
完成までしばらくお待ち下さいませ。